GPS時計/SUUNTO AMBITへの希望

新発売になったエプソンのGPS時計、エプソンの言葉ではWristableGPS、を調べていて思ったこと。

今回発売のSFシリーズの既存のSSシリーズに対しての改良点は、GPS計測時間が30hと長くなったこと、厚さが11mm台と薄くなったこと、日本の準天頂衛星からの信号も受信できる事が目につく。これはどれもAMBITには欠けている点だ。一方で、気圧計、コンパス、ナビゲーション機能、カスタムアプリのダウンロード機能はAMBITにはあるが、SF/SSシリーズともない。AMBITに希望することは、
- 大きさと厚さの縮小。できれば径も厚さもそれぞれ5mm削って欲しい。
- GPS計測時間の延長、できれば24h+α。
- BlueToothインターフェースの追加
どれもエプソンSFは実現している点で不可能ではないだろう。衛星の捕捉時間のiPhone並みに短縮して欲しいし、位置・速度の精度も向上はもちろんだが、それは黙っていてもモデルチェンジごとによくなるのではないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック