iPhone6sに更新するか?(4)

5sから6sに替えるか、替えるならauで機種変更か、AppleからSIMフリーを買うか悩んできた。今の気分は、11月にauで機種変更して6sを手に入れたい。

6sの3D touchには大いに興味があった。おそらくSiriと同様に使う人は便利に使いそうだし、最初は試すが結局は使わない人もいるだろう。発売日当日にSIMフリー版6sを手に入れた娘は、あまり使っていないそうだ。アプリの対応が進むとありがたみが増してくるだろうが、どうしても3D touchを使いたいがために6sにするというほどではない。

防水でない点が気になっていたが(http://nonasailing.at.webry.info/201509/article_7.html)、実際には防滴以上のようだ(http://www.wired.com/2015/10/waterproof-iphone-6s/)。Appleからの公式発表はないが防水と思っていいだろう。6sは5sよりかなり大型化し、重くなっているので、かさばるLifeProofは値段も高いし使いたくなかった。しかし、6sが防水ならば、薄くて軽量なケースかシリコンジャケットに入れるだけで済むし、LifeProofよりかなり安く済むだろう。これで一気に6sでのマイナス点が減った。

富士通とSONYは比較的小型のMVNO向けSIMフリー端末を売っている。当然のように防水で、MVNOなので月々の費用もはるかに安い。とくに富士通のは値段が安いようだ。今これを書くのに使っているのはMacBook Proで、家族用にiMacもある。家の中ではiPhoneよりもiPad miniの方を使い機会が多くなっている。したがって、iOSとMacOSの連携はまあありがたく使っている。アプリケーションの継続のHandoff、写真のiCloud共有とAirdropでの送信、Safariのブックマーク、連絡先の同期が通常使っている連携機能だ。いくつかの同期はAndroidとMacOS、あるいはiOS(iPad)でもできるだろう。しかし、Apple同士のようには簡単ではないだろう。機種代金の数万円の差は小さくはない。しかし、家族も含めて使いやすく快適な環境は捨てがたい。

半年が経過すればSIMロックの解除ができることも5sにはない6sの魅力だ。タイミングを見てMVNOに移行できるし、海外旅行では安いプリペイドSIMが使える。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック