Nonaメンテ(安全備品配置図)

作りかけで放ったらかしていたNonaの安全備品配置図を完成させた。去年10月のJSAF外洋三崎/AYC安全講習会で見学したTrekkeeで安全備品配置図を知り、すぐに作り出した。分かりやすい図にするためにNona(Swing31)の実際の構造と作りに基づいた縮尺図にしたかった。カタログの船内配置図面をコピーで拡大し、コックピット・ロッカーを描き入れたりして図は作った。いざ備品リストを書き入れようとすると、すんなりとはいかず半ば放り出した。そして、数か月が経った。

土曜に春のJSAF外洋三崎/AYC安全講習会が開催された。早めに三崎マリンに到着したら、粒粒がポンツーンにつながれてチークの手入れをしていた。コーヒーをどうぞというので、キャビンへ。コンパニオンウェイを降りると右の壁に安全備品配置図があった。これで、私も配置図を完成しなければと思い立ったわけだ。お話を伺っていると、メンテナンスも作業項目が綺麗にリストとして印刷してあり、すべてにわたってきちんとしているのを実感した。

これが今日完成したNonaの安全備品配置図だ。いろいろと試行錯誤して、最終的にはWordで作った左右に備品を印刷したA4の紙に、図を切り張りした。すべてをPower Pointで作れば、訂正や改版が楽ではあるが、今日中の完成を優先させた。それでも一旦出来上がってからも配置の見直し、フォントの調整等で4~5時間はかかってしまった。
画像

私以外にもわかりやすいように注意したが、あまりぴんとこないものもあるだろう。各自が自分の目で確かめながら実物を探して、触ってみる必要はあるだろう。

こうやって図を描いてみると、やはり備品の追加と置き方の改善が気になった。大きなものではワイヤカッターを揃えたい。救命浮き輪は旗付きのブイに結んでスターンパルピットに取り付けられるようにしたい。できればダンブイがいいのだが、買えば4万円以上するので自作を考えたほうがよさそうだ。いくつかの工具は工具箱ではなく、すぐに使えるように壁にでも取り付けておきたい。2個ある消火器はバスケットに入れてマストの前の床に置いてあるが、できれば船体に固定し、かつ1台はエンジン・ギャレー近く、もう1台は離れた前方がいいのではないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック