Nonaメンテ(安全備品配置図、ワックスがけ)

昨日は明日はぜひ乗ろうと思っていた。だが、今朝は6度台で北の風も強く吹いていた。10時前に油壺到着。クレーンを整備中でまだ北の風はあまり弱まっていない。11時過ぎにはクレーンは使えるようになったが、今日は早めに帰る必要があったので、片付け清掃。

まずは持ち帰って点検したライフジャケットを整理。自動膨張式のライフジャケット4個を並べてみると、色の褪せ方に2個づつ差がある。写真の左が褪せていない方だ。特に意識はして使ってこなかったが、ここ数年は3~4人で乗ることが多く、しかも私は自分のを使うので手前に置いてあった2個の使用頻度が多くなったのか。空気漏れはないし、ボンベとスプールを変えれば、特にきれいな方はまだ使えるかもしれない。
画像

ライフジャケットのバスケットに、いままで見落としていた未使用のエアーポンプが入っていた。ビニールボート用だろう。未使用だし捨てるのはもったいないが、使うあてがないものは下ろしたい。欲しい人がいればいいが。続いて自己点火灯をチェック。点灯はするがバッテリーの電圧を調べようとしたら、マルチメーターは電源切り忘れでバッテリー上がり。

安全備品配置図をスターボード側に貼った。
画像

チャートテーブル内を整理し、いらないものは廃棄。古いGPSはバッテリーが上がっていたので、持ち帰って点検しようかと思ったが置き忘れた。

キャビントップとコックピットは、進水以来オーニングをかけていない。10年くらい前までは、クリーナーで磨きワックスをかければ光っていた。しかし、ゲルコートの劣化は進み、最近とみに輝きを失っていた。今日はまずコンパウンド入りのワックスをかけてみようと思ったら、ワックスがボロボロになっていたので使えず。シリコンワックスはあるので、キャビントップとコーミングを濡れタオルで拭いてから、ワックスをかけた。以前とは比較にならないが、いくらか光っている。紫外線からの保護にもなるだろう。
画像

帰りがけに上架中のベネトウの40ft艇Artemiss3で船底塗装中のOさんとしばし雑談。横須賀の福浦のヨットで、このヨットは全オーナーが世界1周したそうだ。Oさんは40ftにもかかわらずシングルで乗ることが多いそうだ。小笠原行きを前にラダーを抜いてのチェックを含めて整備中とのこと。いろいろ面白い話を聞かせていただいたが、70を超えると健康問題でセーリングに制約を受けざるを得ない人は少なくないようだ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック