Nonaメンテ(コンロ台)

今日は三崎マリンにいつもの3人が集まったが、曇で強風注意報発令中。朝方は風も弱かったが剣崎では9m/secまで上がっていたので皆出港は見合わせ。エンジンルーム等を目視で点検したら、またエンジン後部のフロアにオイルが溜まっていた。11月14日に同じ場所にオイルがあるのに気づいて拭き取ってから2週間で溜まっていた。ウォーターポンプからの漏れはエンジンを回さなければこれほど溜まらないので気になる。

ふとギャレーを見たらコンロ台のジンバルのおもりの鉄棒が垂れ下がっていた。固定ネジが抜け、回り止めの針金でぶら下がった状態だった。カセットコンロを外して落ちていたボルトで固定しようとしたら、やかん・鍋のサポートを止める左右のバーが脱落。
画像

ステン同士で溶接してあったものだが、25年でサビが出て弱っていたようだ。これはおもりを固定したあと裏から見たところで、中央にネジが1本だけあり、右に回り止めの針金が見える。ちょっと不可解なかなり雑な作り。
画像

溶接し直すとYBSに頼んで数千円はかかるだろう。状況を考えるとお金をかけずに自分で直そうと持ち帰った。工具箱にあった2mmアルミ板を折り曲げて押さえ板を作ってねじ止め。これで当分は大丈夫だろう。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック