夏みかんピール

今年3回目の夏みかんピール作りで、ようやく満足のできるピールができた。鎌倉の竹やぶには夏みかんの木がある。たけのこは毎年掘りに行くが夏みかんは取ったことがなかった。叔父が取って叔母が届けてくれたことはあったが、連れ合いの実家にも夏みかんがあり、それで手一杯だったこともあり、あえて取りに行こうとは思わなかった。叔父が脳梗塞で足を悪くしたので、梯子を架けて取るのは危ないなと思っていたら、今年は取りにどうぞとメールがあった。梯子をかけてざっと取れる範囲で40個くらい切って落として取った。半分は叔父に渡し、20個弱持ち帰った。

まずはいつものようにマーマレードを作った。それだけではつまらないので今年はピールを作ることにした。何年か前に1度だけ作ったがどのレシピで作ったかは記憶がない。夏みかん3個で適当にまず作った。苦味取りのゆでこぼしは煮立ってすぐにこぼして3回。砂糖と水を入れて煮詰めて乾燥させたが、煮詰めたらずで乾燥に手こずり、時間をおきすぎたらグラニュー糖がよく付かなかった。ちょっと皮が硬めにでき、その半分ほどにはチョコレートをかけた。

次はYoutubeで見つけたレシピに従った。これも茹ったらすぐにゆでこぼしをする。大きな違いは砂糖だけで煮ることで、水は加えない。砂糖は1/3づつ入れ、毎回15~20分混ぜながら煮る。これはちょっと失敗だった。十分弱火でなかったせいか煮詰まりが早く皮が相当固いまま出来上がってしまった。これはおそらく3回目の砂糖を加えた煮詰めている状態。一見問題ない。
画像

昨日はまた別な方法で3回目。柔らかくすることを重視し、ゆでこぼす前に15~20分ゆでた。3回目を終えたら十分皮は柔らかくなった。砂糖を皮の80%加え、皮がほぼ浸る程度に水を入れて弱火で煮詰めた。40〜50分煮詰めただろうか、かなり水が減ったところでバットにベイキングシートを広げてその上で乾燥させた。硬さもべたつきもちょうど良かった。
画像

今日は半分ほどにチョコレートをかけた。今回のはまあ家族以外に人にも勧められるできだ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック