強風をこわがるナツ

去年の5月でナツは10歳になったが、ここ数年風が強くビュービューと音がするような日は、怯えるようになった。この家は南斜面のほぼ一番上に立っているので、南寄りの風はまともに受ける。また家が南北に細長いこともあってか、今日のように西寄りの風では揺れも感じる。居間は2階にあり、ナツの居場所・寝場所も居間だ。今日の午前中は居間に誰かいればいいが、ナツだけになると落ちつかないようで、居間のドアを前足でカリカリと掻く。ドアを開けてやると私が下の部屋にいたので、降りてきた。部屋に入るとデスクに下に入るが今日はそこでも落ち着かない。すぐに居間に戻りたくなったようだ。2度ほど降りてきたが、どうも落ち着けなかったようだ。
画像

その後は寝室へ行き、散歩へ行く2時半までベッドの間で寝ていた。さすがに散歩に行くのは雰囲気でわかるようで、そのときにはすぐに起き出してきた。散歩はいつも通り。帰ってからコーヒーを飲んでいたら、ソファーに上がってきた。新聞を見ている間は脇にいたが、新聞を置くと膝の上に。私が立つまでしばらくじっと膝の上でくつろいでいた。
画像

犬の10歳は、昔なら人間の70歳。最近は15~16歳まで行くる犬も多いので、60歳見当でまあ高齢犬といえるだろう。しかし、高齢と風の恐怖がどう結びつくのかは分からない。耳が弱る犬も少なくないそうだが、ナツの様子からはそれは感じられない。また目が見えなくなると、不安心理が働いで今まではなんでもなかったこと、例えば強風によるヒューヒュー音とか、家の揺れにも神経質になるのか。しかし、それも今のナツには当てはまらないようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック