Dreamer手伝い(43):ハル(バウ)の型

悪天候や高橋さんの体調不良等で3週間ぶりのDreamer手伝い。2人でないとやりにくい作業ということで、バウのチャインと上部の薄い化粧ベニヤの貼り付け作業。これが作業前のチャイン部で、オレンジ色のベニヤがはめ込んである。これらを固定するとともに、できるだけ段差を減らすのが目標。前後のつなぎ目の裏側にベニヤ板のバットストラップをゴム接着剤で抑えて貼り付けた。接着力で段差をどこまで減らせるか。
画像

裏側の作業の様子。接着剤は2~3回薄めに塗るのがいいそうだ。薄くして乾くのを待ち重ねて塗る。そうすることでピッタリしていないところでも密着させられるし、接着剤を中まで硬化させられるという原理のようだ。
画像

オレンジの長方形の板の下の段の2枚が貼り付けたバットストラップ。
画像

外から押さえながら内側からプラスチックハンマーで叩いて圧着。これが左右終了後。左の手前から2枚めの板とボトムとのつなぎ目に白っぽい木片が前後に見えている。これは曲がりを強めて圧着を助けるためで、効果はあったようだ。全体的にもそこそこ段差は減った気がする。
画像

続いて上部の側板は単純にストリンガーとフレームに接着。黒の1枚とオレンジ色の2枚。高橋さんに比べて私はどうも厚くムラも多かったようだが、接着は問題なかったようだ。
画像

雨漏りの原因の穴を見つけテープで補修。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック