Dreamer手伝い(69):ハルコア接着

先週は休んだので、昨日は2週間ぶりにDreamerの手伝いに行った。コアの貼り付けは、ガラス繊維の積層に比べるとどんどん進みそうにも思えるが、どうもそうではなかった。コア自体はカットし整形し、曲面に張るコアは曲がる外側に10cm前後の間隔で丸鋸を使って半分ちょっとの深さのスリットが入れてある。まず張ったのは左舷のバウ。つっかえ棒がうまく止まるか心配したが、全く問題なく押さえられた。使ったパテが1.4kg。
画像

つっかえ棒の数が足りないので、次にサイドの平面のコアを1枚接着。写真の手前下。ここまでで午前中。棒を継ぎ足して使ったが、写真ではすでに外してある。
画像

午後は続いて、バウのその先。ここまでくるとつっかえ棒が滑ってしまうので、つっかえ棒の引っ掛かりとなる角材を反対側にホットメルトで接着した。こちらは面積が広くパテは2kg使用。
画像

パテの残量が大きいコアを1枚接着するには足りないので、右舷側のバウの小片を接着。その後ポリエステル樹脂5kg、Q-CEL、アエロジェルを混ぜてパテを作った。そして、バウの最前部を接着して終了。

コアとコアがつながる面取りしてある。反対側も同様だ。これは強度確保のためだそうで、参考になった。
画像

バウの曲面はつっかえ棒がうまくいかないなら、バキュームで吸着させる案だったが、上述のように全く問題はなくできたようだ。これで、接着が心配な部位は残っていないので、左舷を含め残りは比較的順調に進むだろう。1人ではやりにくいし、時間もかかるだろうが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック