私の車歴(その20. スズキ ハスラーG, 2015)

20. スズキ ハスラーG 660cc(2/15~2/17)
画像

DOHC660cc 52PS, CVT(2speed/トルコン)、スティール・シルバー・メタリック、セットオプション(ディスチャージ・ヘッドランプ、運転席シートリフター、チルトステアリング、フロントアームレストボックス)
購入価格:\1,380,000(セットオプション込みの車両価格:\1,332,720(-\92,150)、ディーラーオプション:\59,130(フロアマット、CDチューナー、ETC)
画像

Mini Cooper R56と交代することになったのは、初の軽自動車だ。比較試乗したのは、Alto XとS、N-one Gだ。Altoの安さと軽快さには惹かれたが、最上位でもディスチャージが付かず、トランクが狭いにもかかわらず後席左右が一体でしか畳めない、ロードノイズとエンジンの透過音、ステアリング切り出しの遅れがマイナス点だった。N-oneは、サイドエアバッグが付けられる点と雰囲気で最後まで迷ったが、ステアリングの軽さと切り出しの頼りなさと、加速時のエンジン回転の高まり方と音が、月日が経っても気になりそうでやめた。この2車に比較するとハスラーは、軽快な出だし(この点はAltoも同じだが)、加速時のアクセルの開度とエンジン音と体感加速の違和感の少なさ、ステアリングの切り出しの自然さ、乗り心地が優れていると感じた。気になった点は、オプションでもまったくサイドエアバッグが付かないことだった。
画像

ハスラーで人気の色はツートーンだが、標準色に比べて4,3000円高い。今回の軽は道具に徹し、掃除もあまりせず気楽に使おうと考えた。ツートーンではホイールもルーフと同じく白になるので、汚れが目立つはずだ。R50のMini Cooperで苦労した点だ。そこで、汚れが最も目立たなそうなスティール・シルバー・メタリックにした。ナビはなし、フロアマットは洗いやすいゴムマットにした。汚れがつきにくいコーティングは見送った。
画像

1年半を過ぎたあたりからまたぞろクルマ買い換えたい病が発症していた。その理由はいくつかあった。ハスラーの主な用途は、特に2年目に入ってからは油壺ヨットハーバーの往復70kmだった。一般道を使うことが多く片道35km弱、1時間10~20分で気になったのは、ちょっとでも加速を急いだときのCVT特有のウィーンというエンジン音と、運転が1時間を過ぎる頃から感じた右足首の疲れだ。停止からの通常の加速はむしろ小気味いいとさえ言えるが、ちょっとした場面でさっと加速したい場合にエンジン音の高まりに比例しない加速が不満だった。
画像

ステアリングにもしっくりこない点が2点。1つは、センタリングが弱いこと。40km/h以下だったら気にならないが、それ以上の速度のコーナリングで、コーナーから出るときにステアリングを支える手の力を抜いても戻らない点だ。わざわざ戻さなくても手を添えていれば自然に戻りスムーズにコーナーから抜けられると期待するが、意識的にセンターに戻してやる必要がある。2つ目は直進性だ。路面の不正に取られてちょろちょろするとかではなく、高速で滑らかな路面の直線であっても終始修正を意識しないとレーン中央からずれていく。あまり気にせず走ればいいのかもしれないが、こういう違和感を感じた車はランサーEX以来だ。ステアリングの違和感のせいもあって横横はほとんど使わなかった。一定のスピードを維持しにくいことも高速を遠ざけた理由だ。ちょっとしたアップダウンで速度が上下して、例えば90キロで定速走行しようとしたら、常時スピードメーターをちらちら見ながらアクセルの微調整が必要だ。
画像

乗り心地は状況で大きく印象が違う。低速で走っている限りは、路面に少々の凸凹があっても乗り心地は十分許容範囲内だった。前のMini Cooperよりも角は取れている。一方で段差が大きくなり、スピードが増すと大きなショックを感じた。壊れるのではというのは大げさだが、やはり軽の限界かと感じた。
画像

一方気に入っていた点もいくつかあった。燃費の良さ、2年1万キロ強で20.5km/L。真夏と真冬は20キロを割ったが、それ以外は21キロ近辺だった。シートは適度な硬さと形状で腰が痛くなることはなかった。これまでの国産車では最高かもしれない。室内の前後方向の広さ。後席の足元の広さは十分以上だったので、トランクを広げるために後席は常時前に出していた。背が高いのも快適だった。前のクルマ越しに先まで見えるし、気持ちよい。スタイルも気に入っていた。

購入後2年を前に、2107年2月28日にハスラーは近くの中古車屋、タックス横浜朝比奈店に90万円で売却した。まず、2月22日に前々からラジオで知っていたGoo買取で買取価格を調べた。結果は、77.5~81.4万円。店により交渉次第で90万円は望めると感じた。その価格を確認するメールにハスラー下取り強化店の1つとして、タックス横浜 ダイハツ朝比奈インター店が出ていたのだ。28日に油壺の帰りに寄ってみることにした。査定額は80万円、ただし即決するなら90万円とのこと。まあいいかなと感じたが、閉店までに電話すると言っていったん帰宅。帰宅していくつかup!の中古とかを調べたが、6時前に売却決定を電話で連絡した。数日後にわずか8万円プラスの98万円で売りに出ていたのににはちょっとびっくりした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック