ウォーキングの比較:ダンベルの有無

水曜にジョギングとウォーキングでの心拍数の比較を書いた(https://nonasailing.at.webry.info/201905/article_19.html)。金曜にダンベル(3lb=1362g)を持って歩くとどう変わるかと、水曜と同じコースをダンベルを持って歩いてみた。面白いことにダンベルを持って手を振ろうとすると肘が曲がる。それは手の振りが速くなることにもつながる。ダンベルを持たない場合は容易に想像がつくことだが、ダンベルを持っても手の振りは速まり、歩く速度も上がっていた。心拍数も90ppmから99ppmに上昇した。このくらいの負荷になるとそれなりに汗をかくし、運動をした気がする。
画像

こうなるとダンベルの有無による違いを見たくなり、今日はダンベルは持たずに肘を曲げてせっせと歩いてみた。結果は予想通りでもあり、そうでもなかった。ダンベルを持った時よりも歩行速度は速いが、思ったほどには変わらなかったのだ。心拍数は下がりダンベルの負荷が減った影響と推定される。
画像

サマリー:
肘を伸ばして振る:4.3km/41min、9:34min/km、90ppm、126steps/min
肘を曲げて振る(ダンベルなし):4.5km/40min、8:59min/km、95ppm、131steps/min
肘を曲げて振る(ダンベルあり):4.5km/40min、9:00min/km、99ppm、128steps/min

こうしてみると、ダンベルを持てばいくらかは腕と肩の筋肉も刺激するだろうから、これから先の暑い時期にジョギングがきついと感じるような時には良さそうだ。とは言え、ダンベルを一時期やってはみたがやめた理由は手首や肩の痛みだった。無理は禁物だ。

ちなみに、今日はウォーキングの後で12分2km走った。まあまあ平坦だったので平均心拍数は116ppm。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック