Corpus Christiログ#3 SH

3/16(Mon)出港:11:10、帰港:13:05、ログ:6.3miles、晴、視界:20~mile、風Min:WSW6/WSW10knot、乗員1名(谷)、エンジン: 0.8h

今日の予報はちょっと変だった。朝方北の風が強く、昼前後は弱まるが南には変わらず、再び北風が強まる。ほぼ晴れるが大気は不安定だそうだ。10時半に油壺に着くと、風は弱まっていた。大松さん、熊谷さんと声を交わしてから11時過ぎに出港。油壺の東大の試験所は土台を除いて解体されていた。
IMG_8357.jpeg
このとき富士山はまだ見えていた。しばらくはWNW10knotの風の中、4knot~程度でポートタックで北に向かった。
IMG_8358.jpeg
風が急変する恐れがあるので、遠出はしない、北系の風なので南には行かないように水戸浜沖から黒崎の鼻の沖へ。
IMG_8365.jpeg
ソレイユの丘の下まで来たらほぼ1時間、タックしてランチ。
IMG_8366 2.jpeg
赤白ブイの西を抜けて南へ。上り角が悪いのでジブシートをサイドステイの内側から引けないかと試してみた。残念ながら、ジブのリーチがロワーシュラウドにかかりうまく引けない。何かいい手はないものか?ジブのフットを短くすれば、内側から引いてもシュラウドと干渉しないだろうが、だいぶ面積が小さくなってしまう。強風ならいいだろうが、ファーラージブなので交換は現実的でない。ファーラーに少し巻いた状態でどうなると試せばよかった。西の空を見ると富士山は隠れていたし黒い雲も見える。近くに戻っていようとタック。西の空の雲は雨雲だ。
IMG_8369.jpeg
Yahoo天気の雨雲レーダーを見ると江ノ島の南あたりまで雨雲は近づいていた。しかも東南東に進む予想でこちらに向かっていた。1時を目指して帰ることにした。1時前に帰るとポンツーン待ちになるが、とにかく先を急ぐことにした。風は弱いし真追手に近いのでジブは巻き取った。1800rpmで4knotで走っていたが、2100rpmまで上げ4.7knot。湾内で突如強風になるとメインセールの降下に苦労しそうだったので、メインも下ろし先を急いだ。なんとか間に合った。
IMG_8376.jpeg
上架し置き場に戻るとざーと降り出すとともに、強風。優に10m/sec、最大は20m/secくらいの西風が吹いたようだった。幸い10分ほどで抜け青空が戻った。その後北風の戻り、立石で見たときも強めに吹き続いていた
スクリーンショット 2020-03-16 18.02.39.jpg
スクリーンショット 2020-03-16 17.35.41.jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント