ジョギングでのマスク

ノーベル医学生理学賞の受賞者した京都大学の山中伸弥教授が、「周りの方へのエチケットとして、走るときもマスクをつけよう」と呼びかける動画をネットに公開した。
https://www.asahi.com/articles/ASN4T4VDJN4RUTIL01B.html?fbclid=IwAR0MkWb_jsWKpNYQgl77H2DL05iL2xqhV32zOlcClAQHNcNTK7AEKNZsMW8
その中で、ジョギングではマスクが張り付き苦しいので、バフとかネックゲーターを使うといいと言っている。冬のジョギングでは寒さで鼻水が出るので、何年も前になるがマスクをしてみたことがある。鼻に吸い付き苦しくだめだった。調べてみたら、様々なネックゲイターが売られている。もともとは寒さよけだったと思うが、暑い時期に使うように作られたものもある。UV遮断と汗を吸って蒸発させることで涼しく感じられるものだ。これからの時期は暑くなってくる、顔を覆って走るのはごめんだ、当面ジョギングは休むかと思ったが、この夏用なら大丈夫か確かめたくなった。新型コロナウィルス感染が下火になるのはいつになるか分からない。ネックゲイターをして走れるなら保険にはなる。Amazonでコロンビアの涼しそうなやつを注文した。

今朝のナツの散歩は、いたち川沿いの遊歩道を歩いた。8時半ごろだったが、散歩の人だけでなくジョギングする人とも10人以上すれ違ったり、追い越されたりした。その中で3人がネックゲイターと思しきもので口を覆っていた。マスクの人も1〜2人いた。遊歩道の幅は2〜3mで、すれ違うときはかなり接近する。最近はあまり遊歩道を走らないようにしているが、もし走るならマスクかネックゲイターをしないとマスクをした歩行者から不安がられる可能性はありそうだ。

昼前に40分ジョギングした。環状3号を西に向かい原の橋を越えてからは日野南の住宅街を走った。環状3号は歩道なので何人か歩行者と自転車に会った。2mくらいの間隔を取れる時もあるが、2人並んで歩いているとそうもいかない。自転車は間近をすり抜けていくことが多かった。日野南の住宅街は広い道を選ぶと道幅が4〜6mあるので、人との距離は2m以上開けられる。坂道なのでジョガーも合わなかった。したがってあまり神経質になることなく走れるだろう。

今日の東京の感染者は13日ぶりに100人を切り72人だった。この傾向が続くことを祈るが、そう簡単には全国的な終息にはならないだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント