Corpus Christiログ#10SH(Part 2)

月曜に乗った時のビデオ。諸磯灯台に向かって1マイルほどだったか、かなりの揺れを感じた。ピッチングとローリング両方だ。風は相変わらず10knot前後でスターボードのクォーターで走っているが風上側の右海面には白い波頭が多く見える。風で白波が立っているのではなく、波長の短い波が崩れているようだ。潮目、潮がぶつかり合っている場所なのだろう。出て行く時もゴミや浮遊物の帯を横切った。こういう海面は21ftのCorpusには辛い。せめて30ftあるとこの程度の波長ではあまりピッチングしないだろう。前のNona(31ft)に乗っていたときに、シーボニアからでていたFlicka 20、Shrimper 19が短周期でピッチングしているのを見て、短いヨットには厳しいなあと感じたのを覚えている。

かれこれ5分も走っただろうか。急に海面はフラットになった。GPSの速度ログとセーリングの感覚としては北側からの潮流の中を走っていた気がする。スピードメーターもビデオに入れておけばよかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント