ヤリス・クロス、カローラ・ツーリング試乗

24日はヤリス・クロスを試乗した。5キロほど最高速度は50キロ、10分程度であったが運転しての印象は良かった。ステアリング、アクセルに対する反応、ブレーキに違和感はなく、マンホールの通過も気になることはなかった。上り坂はあったが、距離も短く制限速度が30キロなので普通で当たり前だ。ステアリングは軽く切り出しの反応と反力、センタリングの感触も気になることはなかったがもっとスピードが出ていないと判定はできない。ハスラーよりはいいのは確かだが、それはあまりに基準が低い。

グレードは買うとしたら選ぶ中間のGだが、インテリアの材質とメーターの意匠は寂しい。ディジタルスピードメーターは好みではないが、実用上は慣れれば問題ないだろう。シートは硬くもふっかりでもないが、妙に沈むとか腰が曲がる感じはなかった。ドアを閉めるときの感触と音はやはり軽く、VW等を乗り慣れていると頼りない。ドアのストッパーはメッキのせいもあってか華奢に感じた。

見積もりを取ったら、予想通り車両価格の値引きはなく、オプションで10万円の値引きとのこと。LEDヘッドライト、グラインドスポットモニター、エントリーナビ、ETC2.0、前後撮影ドライブレコーダー、フロアマットをつけて292万円ー10万円=282万円。予防安全装備、ハイブリッド、ドライブレコーダー等で高くなるのは理解できるが、かなり高いという印象だ。

25日はカローラ・ツーリングを試乗した。カローラツーリングの中間グレードのSは265.1万円、ヤリス・クロスGの239.4万円よりも25.7万円高い。しかし、LEDヘッドライトは付いている。発売から1年経つし、上期末なので値引きはかなり期待できる。さらに、ヤリス・クロスは今契約しても納期は12月か1月でサポカー補助金は確約できないという。カローラ・ツーリングなら十分年内に納車でき補助金10万円も間に合うだろう。したがって実質的にヤリス・クロスより安くなるだろうと踏んだ。高速での余裕は1500ccに対して1800ccだから余裕もあるし、リアの独立サスペンションは舗装継ぎ目で特に、またマンホールでも乗り心地に有利だ。気になるのは全長がGolf VIよりも28.5cm長いこと、回転半径が5.0mに対して5.3mあることだ。したがって家のガレージに入れてどんな感じか調べることにした。

ガレージへ入れてみて特にGolfよりも入れにくいとは感じなかった。乗り心地はヤリス・クロスよりもGolf VIに近くしっくりきた。ゼロ発進のスッと出る感じ、ステアリングの切り出しの反応はヤリス・クロスの方がスッキリして好感を持った。ハイブリッド特有のモーター音もヤリス・クロスの方が小さいというか、試乗では気づかなかったが、カローラでは聞こえた。ダッシュボードとドア内側の質感はヤリス・クロスよりもはっきりと上だ。液晶ディスプレーのスピードメーターはアナログ表示で、ヤリス・クロスのディジタルよリは見やすいとは言えるが目盛りが細かいしあまり見やすくはない。もっともグレードSは普通のアナログなのでかえって見やすいかもしれない。ドア開閉の感触はGolf VIとはだいぶ違うが、ヤリス・クロスよりはしっかり感がある。

気になった点は、視界だ。右斜め前方はAピラーが大きく傾斜していて邪魔している。とは言え非常に気になるというまでは言えない。むしろ後方視野の狭さが気になった。テールゲートが離れていてガラス部分も大きくないので、リアビューミラーの中の小さなウインドー越しに見える範囲が狭い。後ろを見るたびに狭いなと感じた。

試乗後見積もりは、ヤリス・クロスと同等のオプションで、314万円。+22万円だ。値引きは予想通りヤリスクロスより高いが、具体的に数字は言わなかった。今週末に決めて9月中の契約ならヤリス・クロスより安いだろうとのことだった。

ちなみにGolfの下取り査定は7万円。8年3か月、パネルの修理歴は前後と左にあるし、フロントのバンパー下には修理していない傷もある。VWでの査定は少なくとも知りたいと伝えて帰宅。今日、夕方VWディーラーで査定してもらうつもりだ。買取の方が一般的には高く期待できるが、修理歴とDSGの評判を考慮すると高額は期待できない。Mini Cooperは、1台目が5年で下取り115万円、2台目は7年で買取93万円だったのが嘘のようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント