ナツの爪切り

昨日はペットクリニックでナツの爪を切ってもらった。前脚の内側の1本、人で言えば親指の爪だ。残りの爪は歩いてすり減るので切ったことはない。この1本は伸びるにしたがいカールすると、何かに引っ掛けてしまうことがある。2018年の3月には状況はわからないが、ひっかけたのだろう右の爪を剥がしてしまった。1年くらい前までは私が切っていたが、5月の検診ではたまたま爪が伸びていたので切ってもらった。3か月が経ち伸びてきたので先週、昔のように切ろうとして前脚を掴もうとしたら逃げる。抑えて握ろうとしたら私の手を噛もうとするので諦めた。
IMG_9696.jpeg
ということで、また何かに引っ掛けて剥がすのはかわいそうなのでペットクリニックへ連れていった。アシスタントが首と胴を抱き抱え、獣医さんが片手で前足を掴み、手際良く1分もかからず両足の爪を切った。ナツはもがいたり、苦しそうな悲鳴ともつかない声を出していた。料金は¥440。また伸びたら、前脚を触ってみるつもりだが、ペットクリニックで切ってもらうことになりそうだ。
IMG_9697.jpeg
前脚を触られるのをなぜ嫌うようになったのだろう。何か痛い思いをさせた記憶はない。爪が剥がれた後も、左側は切ったことがあると思う。最近は耳がかなり聞こえなくなっている。そのせいでか臆病になったとは感じる。人が呼んでも近づいても気づかず、近付いてから急に気づいて驚いたりしている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント