Corpus Christiログ#14SH・メンテ(グランドパッキン 締め)

10/5(mon)出港:11:50、帰港:12:30(ポンツーン)、ログ:2.4miles、曇り、視程:15~mile、風Min:S1/S3knot、乗員1名(谷)、エンジン:0.8h

2週間前にグランドパッキン とフィードポンプのパイプネジを増し締めした。(https://nonasailing.at.webry.info/202009/article_12.html)先週乗ったあとで見たらビルジは溜まっていた。グランドパッキンのナットを60度程度閉めても目に見えた変化はないということだ。そこで今日はナットを1回転+90度程度締めてみた。スパナは一気に回すことはできない、60度づつ回しては掛け直す。今日は6回、60度x6=1回転ともう1回、60度締めたが、ダブルナットを締めるときに少し回ってしまうので1回転+90度程度とした。プロペラを手で回すと重くなったのが分かる。
IMG_9836.jpeg
出港すると風は全くない。昨日の夕方から明け方にかけてかなり南の風が吹いたようで、うねりは残っている。帆走は諦め諸磯湾を出てしばらくしてU
ターンしてポンツーンへ。ビルジは全くない。機走中にシャフトを見ていないのでポタリとも水が漏れていないかは不明だが、いくらか締めすぎた可能性はある。何回か様子を見よう。
IMG_9935.jpeg
フィードポンプは出口パイプの周辺は軽油は付着していなかった。しかし、ポンプの周りを拭き取ると軽油は付着する。ポンプ自体から漏れているのか。YBSにフィードポンプの交換は依頼しているので、そのまま交換してもらうつもりだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント