SUBARU BRZとトヨタ GR 86

昨日、SUBARU BRZとトヨタ GR 86が発表になった。ちょと意外だったがよかったのはGR 86のデザインだ。実物を見るまでは確実ではないが、BRZよりもGR 86の方がスッキリしていて好みだ。最近のトヨタのスポーツ系はスープラがあっただけにちょっと不思議だ。トヨタのデザインは、レクサス全般、アルファードを筆頭としたミニバン、プリウスの最近2世代等々、私の好みには合わない車がほとんどと言っていい。GR 86にオリジナリティはあまり感じないが、スッキリといかにも伝統的スポーツカーらしさがある。BRZはフロントがいじりすぎと感じる。

もう一つ意外だったのは、自然吸気の水平対抗2Lが2.4Lに拡大されて載ったことだ。ポルシェ911は自然吸気から全面的にターボになって久しいが、最新のトップモデルGT3は自然吸気だ。スバルが自前のスポーツ系のターボがあるにもかかわらず、4気筒としては大きめは2.4Lの自然吸気を選んだのは面白い。どんな感触のエンジンかは知らないし、カミソリのような鋭いエンジンではないだろうが、最高出力235PS/7000rpmとかなり高回転型だ。そしてATミッションはCVT化しなかったことはよかったが、6速のままだったのは残念だ。トヨタはレクサスに8AT~10ATを使っているのに、6速はこの時代の新車で意外であり、残念だ。開発がトヨタではなくスバルだからか。トルクバンドの広い2.4Lなら6速で各ギアをゆっくり使いながら加速するのもいい気分かもしれない。

全幅が1775mmと狭めなことも好ましい。これで乗り心地が良く、突き上げがキツくなければ乗ってみたい。だが、車高1310mmでは妻から嫌われるというか拒否されそうだ。こういう車にどっこいしょと乗り降りするのも寂しいし、実用車は高めのシート高が普段使いで楽だ。これはハスラーでよく分かったし、T-Crossでも実感している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント