Corpus Christiレストレーション(コックピットフロア)

昨日はまずフロアの板の傾斜に合わせて前側を削った。1枚目はここに写っている使い捨ての歯の小型カンナで。
IMG_7316.jpeg
サンドペーパーで軽くサンディングして完成。
IMG_7317.jpeg
もう1枚はアメリカから持ち帰った大型カンナで削ってみた。こういう小さいものが相手だとクランプが邪魔になり、やりやすくないし歯の切れがイマイチ。
IMG_7318.jpeg
研いでいるのも面倒なので小型カンナで完成。
IMG_7319.jpeg
今日は、両側に入れるウェッジ型の木片と隙間埋めのためのスタイロフォームをカットした。
IMG_7326.jpeg
出来上がりはこんな感じになるはず。上には残っているノンスリップマットを貼る。
IMG_7323.jpeg
IMG_7325.jpeg
現場で合わせてみないと、どの程度ピッタリ合っているかは自信はない。この板をどう固定するかも最終的には決めていない。エポキシコーティングして防水をきちんとできれば、フロアに固着してしまう。そうでなければ、タッピングでフロアにねじ止めする。仮に板が腐っても取り外して修理できる。使う塗料も悩ましい。ウレタンがいいが、すでにコックピットにはアクリルが塗られている。アクリルをサンディングして全体をウレタンで塗るのがベストではあるが。

"Corpus Christiレストレーション(コックピットフロア)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント