Corpus Christiレストレーション(コックピットフロア)

今日は現物に合わせてフロア板を整形。削りすぎを心配していて控えめに切ったので、どちらの板も両側を2~4mmづつ鋸で切り落とすところから始めた。あとはカンナとサンドペーパーで少しづつ削り、2時間あまりを費やしてほぼ満足できる程度に整形できた。奥の幅が広い方の板は、両側の丸い部分に当たり整形が面倒なので内側に15mmほどずらした。手前に右上の角は丸くする必要はなかったが、つい削ってしまった。小さな木片を接着して修復するか、反対側も同じように丸めてしまうかは決めかねている。板の上にはコックキットのフロア前方と同じノンスリップマットを貼る予定だが、その貼る範囲は決めていない。ギリギリまで貼るのか、それとも縁から10mmくらいに止めるか。2枚の板を1体に見せるには、2枚の板の接合部を滑らかにする方がきれいだろう。そうなると両側に木片を入れることになる。
IMG_7342.jpeg
ジブファーラーのジブスイベルはYBSに届いていた。時間の調整がつかなかったので、月曜に交換することにした。

"Corpus Christiレストレーション(コックピットフロア)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント