VW Polo

Golf VIをDSGリコール修理で今日ディラーに預けた。3時間程度かかると言うので、代車でPoloを借りた。ディーラーから家まで8キロ、20分ほどだ。Poloは試乗したことはあるが、ディーラーの周りを1周しただけだった。今回はもう少しいろいろな状況下で走ったので、Golf VIとの差をより色々な面で感じることができた。

Golf VII/VIIIに対するPoloの魅力はボディーサイズだ。VIに対して全長で-10cm、全幅で-3cm、VIIに対しては全長が-15cm、全幅は-4cmだ。それと価格の安さだ。装備の違いがあるのではっきりいくら安いかは調べていない。今日20分ドライブした限りでは、ボディーの小ささをありがたく感じることはなく、室内が狭いと感じることもなかった。ガレージに入れるときは、たまたま向かいの家に植木屋が入っていて、そのトラックが止まっていた。それを避けて入れたので、Golfとの差は感じなかった。

気になる点は、乗り心地だ。車重は110kg軽く、リアサスペンションがVIのマルチリンクからトレーリングアームになることは、乗り心地の点で不利だ。スプリング自体もGolfよりも硬めの設定という印象だった。今回、マンホールの蓋のある道を通って分かったのは、やはり突き上げを感じるし、落ち着きのなさだ。Golf VIとの比較だけでなく、一般的にもこの印象はあるかもしれない。1万キロ位走るとより当たりは柔らかくなるとは思う。数か月も乗れば慣れるかもしれない。

もう1点は、エンジンで4気筒1.2Lから3気筒1Lになる点だ。Golf VIでも前のGolf IVの2Lノンターボに比べて走り出しの弱さは感じてきた。それがさらに1Lまで小さくなると軽いとはいえ心配だ。今日通った道はかなり急な登りもあったが、線の細さは感じなかった。100kgの差が影響しているとすると、Golf VIに近いT-Crossでは要チェックだ。DSGもスムーズで、セロ発進でもDSGをほとんど意識させなかった。もっとも、これは私が普段Golf VIに乗っているからで、トルコン式オートに乗っているなら違ってくるかもしれない。

Golf VIと比べてどうなのか?ミッションのガクガクがない分に着目すれば、はるかにいいとは言える。しかし、乗り心地・味、インテリアのデザインと質感はGolfの方が好みだ。のんびりと乗れるのもGolfだ。やはりワンランク下という感じがする。室内とトランクの広さは同格だ。乗り換えるとすればそれは予防安全装備を買うということだろう。

T-Crossの場合は、SUVの背の高さ、視点の高さが魅力にはなる。しかし、乗り心地はGolfには及ばない。モデル末期で値引きも大きそうなGolf VIIがむしろ魅力的に見える。来年のいつかは入ってくるGolf VIIIはVIIよりも低コスト化で気になる点があると書かれていた。単純な速さ、燃費の良さと互角として、走りはVIIIがより洗練されている可能性は高い。ここは安全装備がはっきり数段上がっているのでない限り、VIIがいい選択に思える。

"VW Polo" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント