テーマ:Corpus Christi

Corpus Christiログ#12SH

9/30(Mon)出港:11:00、帰港:13:45、ログ:10.7miles、晴、視界:~15mile、風Min:NE8/Max:NE10knot、乗員1名(谷)、エンジン: 1.0h 昨日は乗らずにデッキパッドを貼ろうかも考えたが、まあまあの風が吹いていそうだったのでとにかく出港。油壺湾で避難漁船用のブイの点検をしていたのと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(ノンスリップマット)

Wishに注文したノンスリップマットが一昨日配達された。思った以上に柔らかく、シートには具合が良さそうだ。コックピットフロアには耐久性が気になるが、値段相応かもしれない。昨日、とりあえず所定の寸法にカットし、今日はコーナーを丸めたり。シートの曲線やヒンジとフロアの点検孔の逃げは現場でチェックしながらカットするつもりだ。 径20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Chrisiレストレーション(台風後チェック)

月曜の明け方に東京湾から千葉方面へ抜けた台風15号では、湘南から千葉にかけてのマリーナでかなりの被害があった。三崎マリンではファーラージブが開いてしまったヨットがあったと聞いたが、連絡はなかったのでCorpusではなかったと想像した。前日に続いて、昨日は2人で浄明寺の竹を立てる作業に行った。すぐに終わればそのまま油壺へ向かうつもりでいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiログ#11

9/5(Thu)出港:10:45、帰港:13:40、ログ:10miles、晴、視界:~6mile、風Min:NE5/Max:NW8knot、乗員2名(谷(信、由))、エンジン: 1.0h ファーラーとリギンの交換で8月は出られずに終わったので、今日はいくらか涼しそうだし快適なセーリングを期待していた。しかし、諸磯湾を出ると風は弱かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(マスト立て、船検)

今日は船検が10:30からの予定だった。できれば昨日までにマストを立てておきたかったが、マストの部品の入手が遅れ、週末はマストを立てるためにクレーンを長時間占拠できないので、船検前に慌ただしい作業となった。8:40に三崎マリンに到着すると、すでにYBSは準備を始めていた。Corpusを下架しマストをクレーンまで運ぶと、スプレッダーのベー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(デッキパッド)

コックピットのシートとフロアに貼るデッキパッドを調べた。Black BirdはWishというインターネットサイトから買ったという。Wishを見ると色々なサイズと色がある。もっとも大きいサイズは、3000mm X 900mm x 6mmで、価格は¥11,728+送料(+tax)だ。日々というか時事刻々値段は変わるようだ。 https:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(ステン磨き、パーツチェック)

リギンとファーラーの交換作業が始まっているか、もしや終わっていないかと期待して油壺に到着。マストはまだ手付かずで置かれていた。まだシーブの部品が揃っていないそうだ。来週月曜に船検を予定しているので、それまでにマストを立ててマスト灯が点灯する状態にしたいことをYBSには伝えた。 パルピットを今日も磨いてみた。ゲキ落ちでもやってみたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(今後の計画)

今週中にはリギン、マスト灯、ジブファーラーの交換が終わってマストが立つだろう。マスト灯の配線はビルジ経由からキャビンの側壁に沿わせるように変える予定だが、9月か10月に涼しくなってからだ。メモにある残項目、あるいは気になっている項目はまだ色々ある。 1. オイルパイプ塗装(サビ) 2. ジブファーラー交換(Plastimo 60…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(ステン部品磨き)

昨日は家で錆を落としたバックステーアジャスターを届けておこうと午後から油壺へ。月曜にはマスト関係の部品が揃うだろうということだったが、Harkenのシーブは未着。バックステーのチェーンプレート、トランサムパルピット、ラダーヘッドのステンレスパーツを磨いた。まだまだ完璧からは遠いが、茶色い錆はかなり目立たなくなった。 パルピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(リギン、ライフジャケット点検)

一昨日はYBSとファーラー交換とリギン整備の相談。ハリヤードシーブは、旧タイプで新品は買えないが3個はYBSの在庫で、1個はHarkenの新品を使うことになった。Harkenのためにはマストの加工(取り付け穴拡大)がいる。Harkenのシーブは月曜には届くとのことで、手が空き次第作業ができる。ハリーヤード3本は、ダイニーマ製にすることに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(ティラーカバー取り付け)

先々週の金曜にマストを倒したが、シーブの部品選び、入手に時間がかかり、まだしばらくはファーラー取り付け、マスト立てとはなりそうもない。今日は振替休日で道も混みそうなので、出来上がったティラーカバーの取り付けだけ。ドライブがてら2人で行ったが、9時半ごろすでに林から長井まではかなり渋滞していたので、林から一騎塚に戻り三浦海岸への道を抜けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(パルピット磨き、ティラーカバー)

昨日は錆を落とした金具をYBSに届けてから、まずティラーカバーをチェック。セール屋さんに頼めば小ぎれいなものがおそらく¥5,000~¥10,000だろう。サンブレラの生地を買うかセール屋さんに分けてもらって袋状のカバーを作るか誰かに縫ってもらうのも選択肢だ。タイミングよく生地をもらうえればいいが、ちょっと頼んでおいたつては忘れられていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(ジブファーラー交換、サビ落とし)

今日は、先週倒したマストの作業の状況チェックとUllman Sailsに先々週、修理を依頼したジブの引取り。ジブは基本的に増し縫いと切れたUVカバーは上にもう1枚被せた。 リーチの一番下はセールクロスが切れていてそこはそのままだったので気になった。原因は擦れではなくUVでこのまま放置しても当分は問題ないとのこと。見た目はよくないが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(ファーラー交換)

昨日はファーラー交換のためにマストを倒した。先週ステーを緩めようと、ターンバックルを回そうとしたが使った丸ヤスリが曲がったので諦めた。昨日もう1度試してみたらどれも苦労せず回った。締める方向に回したのかもしれないが不明だ。昨日は緩める程度、順序があるので山下さんに任せた。 下架後スピンハリヤードでマストを支えてからフォアステーを外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiログ#10SH・ファーラー交換準備

7/25(Thu)出港:11:15、帰港:13:15、ログ:6.4miles、晴、視界:~6mile、風Min:S6/Max:S10knot、乗員1名(谷)、エンジン: 0.6h ジブファーラーとステー類の交換のために来週の金曜にマストを倒すことにした。来週の前半は旅行を予定しているので、前日にバタバタするのもいやなので昨日その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(モーターフラッシャー)

購入したモーターフラッシャーは伸縮式だが、船台の上に乗せても10cm弱長さが足りない。10cmの木のブロックを置けばなんとかなりそうだが、水圧でカップが動くことが心配で、しっかりした支えがいるのではと考えた。こういう時は机に向かってあれこれ考えても拉致があかない。昨日は実際にフラッシングをしてみた。位置関係はこんな感じだ。 カップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(ファーラー交換、モータフラッシャー固定)

今週か来週にジブファーラーをPlastimo 609 Sへの交換するが、作業は基本的にYBS依頼する。今ついているファーラーをマストを倒すことなく取り外すことができれば、609 Sもそのまま取り付けできるとマニュアルには書いてある。今回、新艇以来35年余り交換していないと思われるサイドステーとバックステーを交換することにしたので、マスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(エンジンルーム側壁取り付け)

今日、エンジンルームの側壁を取り付けた。”あ、しまった”、という事態を危惧したが、問題なく両側とも取り付けられた。側板を前後で支える板の位置決め、特に後ろ側の受けで苦労した。タッピング2本でネジ止めするのだが、取り付け部のFRPの厚さがわからない。タッピングが突き抜けたらボルトとナットにしようと思っていたが、結構厚く1cmぐらいあったよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(エンジンルーム側壁)

今朝、表側(外側)に5回目のニス塗りをして塗装を終了。薄暗く目立たないところだから塗り進めたが、エポキシ接着剤がはみ出ていた部分はニスが染み込まないので色が薄く、むらになった。写真左にある2個の木片は船尾側の側板の受けで、板を差し込むスリットの奥にがたつき防止と遮音のためにスポンジを貼った。上下にもスポンジを貼る予定だが、側板とハルのど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(エンジンルーム側壁)

今日は、ときどき止むこともあったが、一日中霧雨が続いた。雨でなければ午前中にジョギングを済ませ、あとはのんびりするのだが、午前中は走りに出る気がしなかった。側壁は、隙間をエポキシで埋めたり、サンディングしたり、カンナをかけたりして細かな修正をした。ほとんど目に付くことはないところだが、時間もあるので気になるところは一通り直した。そのあと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(エンジンルーム側壁)

木曜に現場で確認してだいたいの作りは決めた。側板の後ろ側の取付板も作っていって確認した。この時点では前後1個づつのパッチン錠で側板を止めるつもりでいた。しかし、amazonで注文したパッチン錠が届いてみたら、寸法は知ってはいたのだが、思った以上に小さく華奢だった。前後に2個づつ付けたら良さそうだが、送料を加えると4個で1805円する。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(エンジンルーム側壁)

今日は、側壁にするカットした12mm厚のMDF板とヒノキの木片を持って油壺へ。細かいところは現場で合わせて決めてカットしないと難しい。ビルジポンプのホースと、スロットルとクラッチケーブルが側板を貫通するので、その位置は前回だいたい測っておいたが、実際の側板を置いて確認するのが確実だ。これは右舷側で、ケーブル2本を通す切り欠きをカットして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(ウォーターロック固定、ジブファーラー注文)

ジブファーラーを交換したいと思っていたが、今日YBSとも相談しPlastimo 609Sにすることに決めた。KAZI Seaplazaの夏のセールで20% offで買えるので、最終日の今日を逃すと12月まで待たなければならない。取り付けでマストを倒すついでに、おそらくずっと交換していないだろうステーも交換し、マストトップの航海灯をLED…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(エンジンボックス改善)

コンパニオンウェイのステップも兼ねたエンジンボックスの差し板の修理が終わり、今日はそれを取り付けた。薄汚れた感じがなくなりスッキリとした。 もう一つ気になっているのは機走中のエンジン音だ。単気筒の1GMはもともと静かではない。それに加えて、Nora21のエンジンルームは密封されていない。奥(船尾寄り)の左右は解放されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(エンジンボックス差し板修理)

上側の差し板は、一見問題はなかったので今回は作り直しは見送ろうかと思った。しかし、焦げ茶色に塗られているので、今回作り直した下側とはかなり色が違う。 残っているベニヤをカットしてニスを塗るだけなので、作ることにした。よく見れば、下のエッジの両端では剥離が始まっていた。 今の差し板をテンプレートにベニヤをカットしたら、真ん中の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(エンジンボックス差し板修理)

水木と用事はあったが、ニス塗りは何度か繰り返した。今朝、ステップのコーナーの擦れどめプレートを磨き上げて、ネジ穴をさらった。元々はステンレスの釘3本で止めてあったが、丸い頭が出ているよりはおなじ真鍮のネジをでフラットにすることにした。その釘穴を使ってねじ止めしたら、ステップを削ったせいでプレートがいくらか浮いてしまった。ネジ穴をずらせば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(エンジンボックス差し板修理)

今日は油壺へ行き、差し板を実際に入れて問題ないかを確認した。コンパニオンウェイの差し板を修理した時、オリジナルの差し板の高さが不思議にちょっと足りなかったので、今回は念を入れたが今回は杞憂だった。 差し板のレールと、キャビンのシートの木のトリムにニス塗り。エンジンボックスの差し板にもニスを塗った。シートのトリムにはもう1回塗りたか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(エンジンボックス差し板修理)

今日は朝から雨、油壺へは行かずに家でエンジンボックスの差し板修理。差し板は使用中の板を型に切り出したが、幅も高さも1mm弱大きい。新旧2枚を重ねて周囲を指で触った限りはぴったり合うまで削った。今日晴れていたら、現物合わせで確認してOKならよしとするが、塗装を進めたいのでできるだけ誤差を無くしたかった。 差し板の上端には断面がエの字…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(エンジンボックス差し板修理)

Nora21のエンジンボックスは前側(キャビン側)が2段の差し板になっている。下の差し板にステップがついていて、コンパニオンウェイの2段のステップの下側になっている。ステップが黒ずんで美しくないので、そこだけをサンディングしてニスを塗ろうと木曜に乗ったあとで持ち帰った。これはランダムアクションサンダーでサンディングを始めたところ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiログ#8 SH

6/20(Thu)出港:11:04、帰港:13:24、ログ:7.3miles、晴、視界:~10mile、風Min:NNE5/Max:NNE8knot、乗員1名(谷)、エンジン: 1.0h 予報では風は北のち南で弱い。月曜に塗ったニスの仕上げをするつもりで出かけた。途中、予報よりも吹いている様子だったが、油壺に到着してもまだ北寄りの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more