テーマ:美術館巡り

『おかえり 美しき明治』展@府中市美術館

今日は2年ぶりで小雨の中、府中市美術館へ。11時前に到着し、1時間余りをかけて見たのは、『おかえり 美しき明治』。作者は様々で、私が知っていたのは、吉田博、五姓田義松、浅井忠、高橋由一、黒田清輝だ。イギリス人では五姓田義松を指導したチャールズ・ワーグマンは知っていたが、あとはアルフレッド・ウィリアム・パーソンズもなんとなく聞き覚えがある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『柚木沙弥郎の「鳥獣戯画」』展@神奈川県立近代美術館

昨日は土曜から泊まりがけで来ていた娘と3人で葉山の神奈川県立近代美術館へ。私たち2人はこの展覧会を知らなかったが、娘は見に行こうと思っていた、興味を持っていたそうだ。 柚木沙弥郎は画家である前に染色家になった人のようで多彩な人で絵本作家でもある。今回の目玉(?)、鳥獣戯画は97歳の今年の新作だ。”鳥獣戯画に取材した”作品というが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『松方コレクション展』・『モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』@国立西洋美術館

昨日(14日)は上野へ。10時過ぎに西洋美術館に到着すると当日券の販売窓口は長蛇の列で、40分待ちと。列に並んだ上で、iPhoneから電子チケットを購入。100円のクーポンは使えなくなるが、数分で入場。 夏休み・お盆休みで中も混んでいた。のんびりと好きな角度でじっくり見ることはできないが、動きがとれないほどではなかった。ゴッホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『国宝東寺 空海と仏像曼荼羅』展@東京国立博物館

今日は仏像を見に上野の東京国立博物館へ。 10時45分に博物館前に着いたが、入場券を買うのに長い列。10分待って購入し、左手奥の平成館へ。 入場は20分待ちとのこと。幸い15分程で入場できた。館内は混んでいるが、書等は飛ばして仏像を主に見ることにしたので待って見るということはなかった。ただ、一般の展覧会に比べて観覧者同士の会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ラファエル前派の軌跡展』@三菱一号館美術館

今日は上野の東京都美術館で『クリムト展』を見るか迷ったが、丸の内へ。三菱一号館美術館で開催中は『ラファエル前派の軌跡展』だ。ラファエル前派という言葉を知らなかったので、事前に見たらそれに属する画家で知っていたのは、ターナーとミレイくらいだった。それでもいくつか面白そうだったので行くことにした。三菱一号館美術館へ行くのも久しぶりだった。帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『イケムラ レイコ 土と星 Our Planet』展@国立新美術館

現代美術、抽象画の展覧会はほとんど見に行かない。 今日は国立新美術館で開催中の現代美術の展覧会、イケムラ レイコ展を観に行った。理由は二つ、先週日経新聞の人間発見というコーナーで、5日連続でイケムラレイコの生い立ちから芸術家人生の紹介があったからだ。日本で芸術系の大学には行かず、大阪外国語大学入学後、休学して語学留学をしたことから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ロマンティック ロシア展』と『終わりのむこうへ:廃墟の美術史展』

今日はひさしぶりに渋谷へ。渋谷ならでは買い物はないし、時間によっては駅周辺の混雑がひどいので避けているが、今回はBunkamuraと松濤美術館行った。開催中は、国立トレチャコフ美術館所蔵の作品からなる『ロマンティック ロシア展』だ。19世紀後半から20世紀初頭の作品72点からなる展示だ。作者は私には初めての画家ばかりだった。見聞きした人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東山魁夷展・アメリカ近代写真の至宝 ギルバート・コレクション展

水曜のドービニー展に続いて昨日は六本木で展覧会をいくつか見た。最初は国立新美術館で日経新聞でもらった招待券があった東山魁夷展。10年前の生誕100周年記念の展覧会で絵はかなり見ていたし、唐招提寺の障壁画は去年の春に茨城県近代美術館で見ていた。やはりあの青の絵がいい。それ以外の色調の絵もあるし、美しいが青の絵に気に入った絵が多い。数え上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドービニー展@山梨県立美術館

今日は甲府までドービニー展を見に行った。好みの風景画を描いたのをおぼろげに知っていたが、まとまって見たことはないのでいい機会と思った。来年春には損保ジャパンに巡回するが、紅葉を見るのも兼ねられるのではとドライブ。行きは8時過ぎに出発し、最近よく使う新湘南バイパス~圏央道~中央道経由。原宿と藤沢でちょっとした渋滞はあったが順調に山梨県立美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピエール・ボナール展@国立新美術館

今日は前売り券を買っておいたボナール展へ。昨日からは東山魁夷展も始まっていて、どちらも混んでいるのではと心配したが、ボナール展はゆっくりと観ることが出来た。 ボナールの絵というと、印象派にも近い筆のタッチだと思っていたが、筆のタッチという点では初期の日本画に影響された時代を除くと、当たっていたように感じた。気に入った画はセーヌ川や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ルドン ひらかれた夢』展@ポーラ美術館

昨日は箱根へ行くか六本木へ行くかで迷ったが、車での箱根を選びポーラ美術館のルドン展へ。ルドンというと気持ちの悪い絵の印象が強いが、いろいろな絵を描いたので、それらをみるいい機会だと期待した。ちなみに、新国立では前売り券を買ってあるボナール展をやっている。湯本の手前でちょっとした渋滞があったが、全般に空いていて1時間半で到着。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルヴァ・アアルト展@葉山館・山口蓬春記念館

連休でも空いているだろうという期待もあって、県立近代美術館葉山館で開催中のアルヴァ・アアルト展へ。娘がヘルシンキのアアルト大学へ留学すると言いだすまでは、アアルトを知らなかった。20年近く前にフィンランドに何度も出張し、フィンランド人とも付き合いがあったから、フィンランドに親近感はできていた。この二つがなければ、アアルト展と言われても関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『モネ それからの100年』展@横浜美術館

昨日は前売り券を買っておいたモネ展へ。お盆休みの時期で混むだろうと思い、10時ぴったりに横浜美術館着。すでに数十人の行列ができていたが、数分で会場に入れた。入り口付近のモネの絵の周りはそこそこ混んでいて、集中しないようにと案内放送をしていたが、絵を見るのに苦労するような混み方げはなく途中からはまあまあのんびりと鑑賞できた。 モネの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

158億光年 宇宙の旅ーNASA 60周年天体画像傑作選

昨日は”158億光年 宇宙の旅”と題した写真展を見に六本木のフジフィルム・スクウェアへ。月、太陽、惑星、銀河に加えて地球にも焦点を当てた展示は、予想以上に感激した。展示された写真はどれも撮影自由で、公開も自由。 これは国際宇宙ステーションからのテキサスを写した写真。ダラス、ヒューストン、オースティン、サンアントニオ、コーパスクリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根津美術館

今日は初めて根津美術館を訪れた。前々から興味があったが、これはという展覧会がなかった。その所蔵品の性格からして絵画に主たる関心がある我々には縁遠かったといえる。今週のNHK日曜美術館で放送された「外国人を魅了する日本の美術館」で、根津美術館も大きく紹介された。それが今週行ってみようとなったきっかけだ。 表参道からのみゆき通りは高級…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高山辰雄展@世田谷美術館

土曜日はしばらくぶりで世田谷美術館へ行った。現在開催中の展覧会は、企画展”人間・高山辰雄展”と所蔵品展”それぞれのふたり 小堀四郎と村井正誠”。国立近代美術館の横山大観展を見ておきたいが、おそらく土曜は相当混んでいるだろう。のんびりと見たいということで、今まで見聞きした覚えがない3人の展覧会へ行くことにした。作品は世田谷美術館のウェブで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラド美術館展@国立西洋美術館

見てみたい展覧会がいくつか開催中だ。今日は六本木か上野か迷いがあったが、由紀の興味を優先し上野のプラド美術館展へ。10時半に会場着、ガラガラではないがほぼ見たいペースで、それほど待たずに解説も読みながら鑑賞できた。先週金曜のテレビ番組、ブラブラ美術・博物館で取り上げていた。そこで紹介していた画も少なくなかったので、解説のない画も面白く見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊谷守一展@東京国立近代美術館

昨日は午後から雨が降る予報だったが東京へ。Eテレで簡単に紹介されていた熊谷守一展を見に行った。東京駅で降りたのは、大手町側の駅前広場の整備が終わって初めてだったので、広場の中央を抜けてお堀端まで。写真を撮っている人が多い。 内堀に沿って竹橋の近代美術館まで歩いた。天気が良ければ20分余りのいい歩くコースだが、昨日は途中からは雨が降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィンランド・デザイン展@府中市美術館

昨日は府中市美術館へドライブ。行きは高速を使わずに行ったら、2時間近くかかった。ところどころに渋滞があり、信号にもよく引っかかりちょっとうんざり。それでも電車で行くのとほとんど時間は変わらないし、安い。入場券を買ったら11時半、腹が減ったので館内のカフェで昼食。キーマカレーとハヤシライス、\650と安価で味もまあまあ。 府中市美術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萬鐡五郎展@神奈川県立近代美術館 葉山

昨日、葉山の近代美術館で開催中の「萬鐡五郎展」を観てきた。美術館を観に行く通常のパターンは、10時か10時半に到着し、1時間から2時間観て付属のレストランで食事をする。葉山館のレストランは海が見えて気持ちよさそうだが、まだ入ったことはない。席数が少なく必ず待たなければならないので縁がなかった。昨日は夏休みの土曜でどう考えても混みそうだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『山の絵 夏の所蔵品展』@平塚市美術館

昨日は平塚市美術館へ『山の絵』展を見にいった。涼しい箱根へでも行こうかと話も出たが、行ったことがない平塚市美術館で開催中の展覧会も悪くないだろうと出かけた。当然のようにがらがらでのんびりと鑑賞。観覧料は1人が65歳以上で30%引きなので、2人で340円。 横山大観の作が1点あっただけで、明治から現代までのそのほかの画家は誰も記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『デンマーク・デザイン』展@横須賀美術館

今朝は晴れて乾燥し気持ちいい天気、久しぶりに富士山も見えた。『デンマーク・デザイン』展を見にドライブがてら観音崎の横須賀時術館へ。 展示では椅子が目に付いたが、様々。テキスタイル、陶磁器、木の玩具、自転車等々。ここだけは椅子に座れて写真も可。 テキスタイル・タイル、壁にかける装飾? 大きな椅子で昼寝用? 背当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バベルの塔」展@東京都美術館

昨晩、娘から9連休になったので「ベベルの塔」展へ行かないかと妻に連絡があった。月曜は油壺へ行く日だが、月曜日は通常休館日だが、1日は開館なので空いている美術館のウェブに出ていたので、予定を変更して上野の東京都美術館へ。 9時半の開館から1時間後に入場。確かにあまり混んではいない。どの画も一様に小さく、その上細かく描かれているので間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シャスリオー展』と『スケーエン デンマークの芸術家村』@国立西洋美術館

今日は上野へ2つの展覧会を見に行った。『シャスリオー展』と『スケーエン デンマークの芸術家村。 好みの画は後者の方だと思っていたが、同じ国立西洋美術館で開催されていたのでまずはシャスリオー展から。こちらの方が展示枚数も多く、入場料も高い。シャスリオーは知らなかった。こうしてみると知らない画家は少なくない。学校の教科書に出てきたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展@茨城県近代美術館

今日は水戸の茨城県近代美術館へ、「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」を観に行った。年度末の晦日ということもあり、湾岸と首都高の一部で渋滞にあったが、行きも帰りも2時間半弱。今回の展覧会は唐招提寺の障壁画の全て、68面が一同に見られるという稀な機会だ。東山魁夷の作品には好きなものが多いということもあってはるばる出かけた。明後日が最終日なこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリメッコ展@Bunkamura

昨日は娘に誘われ3人で渋谷ZBunkamuraで開催中のマリメッコ展へ出かけた。フィンランドのテキスタイルと食器でなんとなく知っていたが、マリメッコがデザインハウスとしてどう歩んできたか、その歴史を知ることができ面白かった。誘われなかったら行かなかっただろう。 パンフレットに載せられたデザインは、だいたいマリメッコらしいという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「禅ー心をかたちにー」@東京国立博物館

東京国立博物館で開催中の「禅ー心をかたちにー」を昨日は観てきた。一昨日までは袋田の滝の紅葉を見に行きたいと思っていたが、午前中まで雨が残る予報で青空のもとでの紅葉を楽しむことができそうもないので美術館か博物館へ行こうとなった。 10時半過ぎに展示室に入ると、平日にもかかわらず思っていた以上に混んでいる。なんとなく絵画中心かと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西田俊英展@そごう美術館

秋になって展覧会には行っていなかった。いくつか見にいきたいと話しているが、今日は招待券があったそごう美術館で開催中の「西田俊英展」へ。土曜でも混んでいないはずなのも背を押した。西田俊英という名前は覚えていない、ボルゾイを描いた画はどこかで目にしたことがある気はする。 このリーフレットにある画は、素晴らしいとは思うがあまり好みに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『動き出す絵画』展@東京ステーションギャラリー

日経新聞に今週紹介記事が出ていた『動き出す絵画』展が面白そうだったので、今日東京駅内にあるステーションギャラリーへ。当時の日本の画家達があこがれたセザンヌ、ゴーギャン、ゴッホ、ミレー、ピサロ、シスレー、モネ、ドガの画も展示されていたとはいえ、中心は当時の日本画家の画だったからやはりそれほど人気はないのだろう、空いていてゆったりと見ること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイ・トゥオンブリー展@DIC川村記念美術館・佐倉

昨日は東京に住んでいる娘を途中ピックアップして、佐倉のDIC川村記念美術館へ。今週まで知らなかった美術館だが、散策路を含めた環境と所蔵品で知る人には有名な美術館だそうだ。開催中の展示は『サイ・トゥオンブリー展』という一風変わった写真を中心としたもの。 11時に到着。レストランを予約してから展示会と考えたが、当日予約は取らないとのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more