テーマ:ジブファーラー

Corpus Christiレストレーション(ジブファーラー、コックピットフロア)

今日は、まず引っかかるジブファーラーのジブスイベルの交換。10時半過ぎに油壺に到着すると、YBSは交換作業の準備を終えていた。サイドステーはターンバックルで緩め、バックステーはメインハリヤード、フォアステーはジブハリヤードで代行させてある。ジブハリヤードでマストを前に引き、フォアステーの上端を外して、ジブスイベルを交換。 1時間弱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(コックピットフロア、ジブファーラー)

出がけは曇っていたが、油壺に10時半に到着してしばらくすると快晴に。三崎マリンの職員が、1人でテンダーを操縦しながらモーターボートを押す練習をしていた。前日下架でクレーンからポンツーンまで動かすような状況を想定しての練習だ。それとともに風はほとんどなくなったようだ。 剣崎から江ノ島までどこも2〜3m /s、出すのは諦め作業。昨日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiメンテ(ジブファーラー)

月曜に時間がなくYBSに聞けなかったことがあったので、昨日は油壺へ。ファーラーを交換するなら、当初候補だったSchafer製ではなく、Plastimoの609-S/609-Tにする方向だ。KAZI Seaplazaに聞いたら、SchaferはフォイルがPVC製で外れ癖がつきやすいという。Plastimoの場合、シングルグルーブ(S)にす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nonaメンテ(要チェック項目)

雑誌Sailの2月号に"On a Lee Shore"という記事がある。経験豊かなセーラーによる、前線の通過時に起きたトラブルの経験談で、トラブルの連鎖が記されている。主なトラブルは、ファーラーのラインが切れてジブが巻き取れなかった、ジブが降ろせなかった、ジブを海中に落とした、燃料パイプに空気を吸いエンジン停止。これを読んでいて、Non…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more