AMBIT用ヨットレースタイマーapp

先週の土曜は今年初めてNonaでレースに出た。スタートでかりかりするつもりはなかったので、ヨットレース用のカウントダウンタイマーがなくても正確な時計があればいいと考え、いつものSUUNTO AMBITを腕に出かけた。そして、普段と同様にログを取るために、出港からExerciseのカスタムモードのSailingを起動した。いざ秋谷沖のスタート地点が近づいて、時刻表示で秒が表示されないことに気づいた。それではいくらなんでもスタートに不安だ。しょうがなくExercise/Sailingを停止し、通常の時計でスタートした。そして、軌跡を記録するためにスタート直後にExercise/Sailingを再スタートした。

今日になって、SUUNTOのサポートウェブ、Movescount.comを調べたら、ヨットレース用app(アプリケーションソフト)がたくさんある。1年半前にはなかった気がする。どれを選んだらいいか簡単には分からないので、機能が単純で説明の記述がしっかりしていて、比較的古くからあってバージョンアップがされているものということで、SAILINGTIMER V.1.2をダウンロードした。そしてExerciseの新たなカスタムモード、Yacht Raceを作った。表示は3画面の切り替えで以下を表示する:
1) ログ(kim)、平均速度(km/h)、経過時間(hh:mm:ss)、
2) 時刻(hh:mm)、5分のカウントダウンタイマー・スタート後の経過時間(hh:mm:ss)、速度(km/h)
3) 温度、気圧、バッテリー残量
これはMovescountの設定画面。
画像

そのあとでAMBITをMacにつなぐと自動的にダウンロードされて終了。ExerciseのメニューにYacht Raceが追加された。
画像

Yacht Raceモードで、2枚目の画面で中央が5minからのカウントダウンタイマーで、スタート後は経過時間を表示する。
画像

残念なことは、私のAMBITは初期のバージョンなので、2個以上のappを1つのカスタムモードで使えないため、速度のknot表示(これもappで実現しているので)ができないことだ。今月出るAMBIT3なら解決するので更新したい気はあるが、少なくともしばらくは我慢だ。急に心拍計にも興味をもったので、悩ましい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック