Nonaメンテ(エンジン・ジンク交換)

今日は昨日ほどの荒れ模様ではないが、うねりは残り南からの風は10m/sを超えていた。湘南国際村を下り134号に出ると、沖でもかなり波頭が崩れている。立石の駐車場で様子を見た。思ったよりも風は感じないし、駐車場までしぶきがかかるほどではなかった。富士山もはっきりと見えたが、写真では岩の陰にちょっと見えるだけ。
画像

画像

出港は当然諦めて、気になっていたエンジン・ジンクのチェックをすることにした。スパナで抜き取るとジンクはネジに付いてこないで、エンジン側に厚さ1cm位残っているだけだった。写真ではネジ穴に残ったジンクをドライバーとタッピングスクリューでかき出したあと。
画像

3年前にバルブクリアランス調整、ノズル交換、サーモスタット交換、インペラ交換をしたときにチェックしていると思って油断していたが、そのときのジンクの減り具合は不明で、交換は2009年12月だった。そのときは少なくとも5~6年は経っていたはずだが、今回のような減り方ではなかった。これからは2年毎には点検をしよう。ちなみにジンク自体は前回\1,270と安いもので、ケチるような部品ではない。ジンクをねじ込み、絶縁テープを巻いたところ。
画像

エンジンにねじ込んで終了。
画像

数年以上スピンは上げていない。したがってハリヤード類もいじっていなかったので、今日はスピンハリヤード、トッピングリフト、フォアガイの作動をチェックし、各スナップシャックル、スピンポールの両端のピンにシリコンをスプレーした。ハリヤードはシーブから音がするが、上下に支障はなさそうだ。

船検書類、マニュアル類はジップロックにまとめて入れてあるが、ジップロックが破れてきたので、ビニールケースを新調した。また、VHFの操作法と安全備品配置図もクリアファイルからビニールケースに替えた。
画像


土曜は合計1時間半ほど機走した。引き続きインジェクタからの軽油漏れは止まっているし、オイル漏れも増えている様子はない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Nonaメンテ(シーズン前の点検一段落)

    Excerpt: 今週月曜のエンジンジンクの点検と交換で、毎年この時期、シーズン前の点検整備は一段落した。一覧は以下の通りだ。 Weblog: ヨット-セーリング・デザイン・自作 racked: 2016-04-21 18:41