158億光年 宇宙の旅ーNASA 60周年天体画像傑作選

昨日は”158億光年 宇宙の旅”と題した写真展を見に六本木のフジフィルム・スクウェアへ。月、太陽、惑星、銀河に加えて地球にも焦点を当てた展示は、予想以上に感激した。展示された写真はどれも撮影自由で、公開も自由。
画像

これは国際宇宙ステーションからのテキサスを写した写真。ダラス、ヒューストン、オースティン、サンアントニオ、コーパスクリスティ等がはっきりとわかり面白い。ダラスに住んでいたし、これらの都市にもなんども行ったからだろうが。
画像

惑星では土星の飛び抜けた美しさに驚いた。
画像

画像

銀河系の星雲は、あまりに多様で現実感にかけるものばかりだ。
画像

こんなものが星雲、星なのかという驚きだ。一番印象的だったのは、このM16。こういうのを見るとSF作家なら、いかにも何か書きたくなるだろう。
画像

昼はミッドタウン1Fの中華レストラン、”南翔小蘢”。可もなく不可もなくといったところ。Dean&Delucaで朝食用のパンを買い、品川のキャノンギャラリーへ。添畑薫さんの写真展を開催中。前回の展覧会で見た写真が多かった気がした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック