ジョギングかウォーキングか?

なんとか5か月ジョギングを続けてきた。4月にDreamerでしゃがんでの作業をちょっとだけだがやった後、左膝のお皿の上に痛みを感じ少し休んだ。週3回、1日は開けて5~7km走るペースが続いている。しかし、最近また左膝の内側に軽い違和感を走っていて感じることがある。後1年はジョギングを思っているが、無理すべきではないという声も聞こえる。

これは昨日のジョギングのデータだ。
画像

画像

こちらは今日のウォーキングのデータだ。肘を曲げて振ってはいないペースだが、意識的にアップダウンの多いコースを歩いた。
画像

画像

体重を減らすのは目的ではないし、むしろ体重は増やしたいので消費カロリーの多少はどうでもいい。大きな違いは心拍数の差だ。ダイエットに関連した有酸素運動を調べると、(220-年齢69)x0.7=106を目安にしろと書いてある。したがって、今日のウォーキングでは平均心拍数が90で十分ではないということになるだろう。最大が112bpmとなっているが、一瞬のスパイクでちょっと怪しく、ちょっとでも続いたのは105bpm程度だ。それなりに走ってきたので、心肺機能はそれほど低くないので、この程度のウォーキングで心肺のエクササイズになっていないということか。ダンベルを持って腕を振って同じコースを歩いてみるか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ウォーキングの比較:ダンベルの有無

    Excerpt: 水曜にジョギングとウォーキングでの心拍数の比較を書いた(https://nonasailing.at.webry.info/201905/article_19.html)。金曜にダンベルを持って歩くと.. Weblog: ヨット-セーリング・デザイン・自作 racked: 2019-06-02 15:40