Corpus Christiレストレーション(コックピットフロア)

今日は両サイドを埋める材をスタイロフォームから切り出した。中央部を含めてそれほど重要ではないが、フロアに固定した時に周囲はシリコンシーラントで埋めるので、シリコンの使用量を少なくできることが狙いだ。フロア板の塗装が終わったら貼り付ける。写真を撮ったのは前後してすでに塗装済みだ。
IMG_7395.jpeg
何を塗るかは迷った。ディンギーを自作した時にラダーとセンターボードに塗ったインターナショナルの白のエナメルが残っている。またCorpusの前オーナーからもらったデッキに塗ったアクリルもある。マットをほとんど覆われてしますし、水性で手軽なのでアクリルにした。塗り出して気づいたが、つやなしだった。汚れの落ちを考慮するとつやありのほうが良さそうだ。結局、外装用のシリコンアクリルを買ってきて2回目はこれを塗った。シリコンアクリルの方がいくらかアクリルより耐久性は高いようだ。
IMG_7393.jpeg
取り付けは接着と思っていたが、ふと散歩中に裏からタッピング止めもあると気づいた。利点は取り外せることだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント