風呂場と洗面所の混合栓交換

風呂場の混合栓から水が漏れるようになった。
IMG_7358.jpeg
しばらく前はぴったりと締めれば止まっていたが、右側の温度調節部からのにじみが止まらない
IMG_7359.jpeg
インターネットで調べたら、内部のサーモスタットを交換すると直るようで部品自体はTo Toから買えるようだ。しかし、業者は分解しての部品交換はやらないらしい。築25年、これから25年経った時は生きているのすら怪しいし、風呂のほかの部分の修理・リフォームがそれまでには必要かもしれない。無理に直すよりもまた25年程度持つことを期待し、混合栓自体を交換することにした。交換作業自体は私にもできそうだ。しかし、水道の元栓を止める必要もあるようだし、プロに頼む気に傾いた。

実は洗面所の混合栓は温度調節ハンドルの回転がひどく渋くなっている。1回では20〜30度くらいしか回せず、戻したりしながら何度も回せばなんとか調節できる。分解してみようかとも思ったが、そもそもハンドルが丸くやりにくいと家族に言われたいた。こちらも25年経過だから、交換して使いやすくしようと思った。
IMG_7371.jpeg
火曜日に手始めにロイヤルホームセンターへ調べに行った。やはり交換しかしないとのことで、出張工事料金はどちらも¥8,000+Tax10%。ただし、同時の2箇所工事すれば2箇所目は¥1,000引きで¥7,000。展示してあるシャワー用の混合栓を見ると、機能の有意な差は認められない。掃除がしやすく見た目もすっきりしたのというと、価格も安く¥16,000~。

今着いている洗面所の混合栓は、蛇口・シャワー、温度調節ハンドル、水栓の3個の穴が空いている。こちらはサンウェーブ製だが、今はこういうタイプはない。1穴か2穴式だ。今の穴を活かすとなると、径の違いもあり1穴式のものになり、使わない穴はメクラぶたをすることになるそうだ。

現場調査は無料だということで、金曜日に見てもらった。風呂のシャワーは想定通りで問題なし。洗面台は温度調節と水栓の右2個の穴は細く流用できないので、蛇口がついている左の穴に全てをまとめることになった。部品はこれもシンプルなものにした。金属蛇腹製シャワーホースが中に入っているせいかこちらの方が高く2万円近い。どちらも在庫があるので、金曜中に交換できるというので即決。4時から作業して支払いを終えたので5時20分。
IMG_7432.jpeg
IMG_7433.jpeg
合計6万円弱かかった。部品をAmazon等で買うと2個で5千円ほど安くなる、さらに自分で交換すれば工賃の1万5千円+Tax10%がかからない。そう思うと自分でやるべきかとも思うが、25年に1度ならばまあいいだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント