iPhone SE(第2世代)発表

今週iPhone SE(第2世代)が発表され、発売は24日だ。今使っている6Sは2015年11月に買ったので、4年半になる。それ以前は2年毎に4S、5Sと替えたが、6Sは長持ちしている。その間バッテリーは2度交換した。1度目は無償交換で、2回目は3千円ちょっとで替えられるキャンペーンに乗った。したがって今でもバッテリー容量は新品時の95%あると表示される。実感として以前は1日おきの充電が、最近は毎日するのでもっと減っている気がする。「最適化されたバッテリー充電」に設定しているので、80%を超える充電は保留される。以前は90〜95%まで充電していたから、80%との差が充電間隔の差に表れているのだろう。

iPhone SE(第2世代)の売りは安さだ。AppleのサイトでiPhone 8と比較すると、プロセッサが2世代新しい、カメラのポートレートモードのサポート、予備電力機能付きエクスプレスカード位が差だ。それで¥8,000安くなっている。6Sに比較したら、防水、SUICA、プロセッサが4世代違う。バッテリーの持ちはあまり変わらないようだ。6Sに替えた翌年に7で防水、SUICA対応になった時は、6Sが2年経ったら最新にしようと思っていたが、最近は熱が覚めた。防水ケースに慣れてしまっているのと、SUICA利用頻度の低さがあるだろうが、X以降の価格の上昇も購入欲を減退させている。

6Sでもカメラにはかなり満足している。不満はディジタルズームにたよる望遠だが、その点ではSEでも11でも変わりはない。光学式手ブレ補正はありがたいが、手ブレでしまったと感じたことはそれほどない。11proのように望遠レンズがあると有効だろう。

ということで、いくら今の6Sと同じ64GBで、¥44,800+Tax¥4,480=¥49,280とはいえ、飛びつく気は起きていない。重くなっても画面が大きく、防水性能も1段上の11の方に魅力を感じる。11は大きく50g近く重いが、防水ケース入りの6Sよりごく少しだが短く幅も狭く、薄い。重さもトントンだ。つまり防水でない薄く軽いケースに入れれば困らないだろうと踏んでいる。例年なら8月に新型iPhoneが出るだろう。上位機では5Gのサポートが目玉になるのではないか。私の使い方では5Gにありがた味は感じないだろうし、そのために追加料金を払う気はしない。新型コロナウィルスの流行で遅れる、新型は延期の可能性もありそうだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント