マスク

新型コロナウィルスの感染が広がった当初は、マスクは基本的に使わなかった。感染者が咳やくしゃみによりウィルスを含む飛沫を飛ばさないためには有効だが、自分が感染しないためにはほとんど有効でないという考えにしたがっていたからだ。しかし、当初はマスクに否定的だった欧米でも段々とマスクが見直されたし、日本ではマスクをしないで電車や店に入りにくくなった。そして今や、ガーゼでも何でもマスクはするのが当たり前になった。

マスクで不便なのは眼鏡が曇りやすいからだ。上縁に針金が入っているタイプは、針金を鼻に沿うように曲げることで眼鏡の曇りをかなり減らせる。しかし、立体マスクでも針金のないものは一息ごとに少しは曇る。そこでマスクの鼻の部分に挟む小さな当て板をアルミで作ってみた。100%曇らないわけではないが、かなり曇りは減り車を運転していても気にはならないし、店で品物を見るときも不便はない。軽く挟んであるだけなので、気をつけないとマスクを外しているときになくしそうだ。
IMG_8943.jpegIMG_8944.jpegIMG_8938.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント