ヴィジェ=ルブラン

『画家たちのフランス革命ー王党派ヴィジェ=ルブランと革命派ダヴィッド』(鈴木杜幾子著、角川選書)を読んだ。 日経の書評で見つけた本だ。興味を持った理由は、2人の画家の1人ヴィジェ=ルブランについて知りたいと思ったからだ。ヴィジェ=ルブランの名前は比較的最近までちゃんと記憶していなかった。彼女が26歳の時の有名な自画像《サクランボ色…
コメント:0

続きを読むread more