腰痛

去年の6月、脚立に上って庭の梅の実を取ったのをきっかけに腰痛が始まり、8か月が経った。先月は整形外科に診てもらったが、手術とかを要する状態ではないとのことで、前屈とウォーキングを勧められた。その後、悪化もしないが改善もなく過ぎている。1番悩まされているのは明け方だ。同じ姿勢でいると腰が痛くなり目が覚める。痛みを感じない姿勢になろうと寝返りを打つ時が痛い。その寝返りの痛みが一昨日の朝から薄らいだ。日中の痛みは以前と同様にあるのだが、寝返り自体はほぼ問題ない。ひょっとして快方に向かっているかと思ったが、それ以外は気づく変化はない。いいペースで歩いている時も脊柱の右脇に軽い痛みは感じるが、ずっと気になる痛みではない。

そのような状況で、ヨットのレストレーション、メンテナンスで次に何をしようか決めかねている。ハルをいい加減にタッチアップしたので、この機会に本格的に塗り直す準備にかかろうかとも考えた。水線よりは上だけなのでサンディング作業は、2年前の船底よりは腰に負担は少ないだろう。とはいえ、水平方向にサンダーを押し付け続けるのは腰に負担だ。サンディングに手をつけると中断はしたくない。腰が完治するまでは待った方が良さそうだ。緊急事態宣言はおそらく3月に解除されるだろうし、セーリングにいい気候もそろそろ近づくので、セーリングを楽しむのが良さそうだ。

去年の春にキャビンのバースマットを作ろうかと検討した。キャビンで寝ることはないと思うので、バースマットは見た目の問題だ。綺麗に新調してもキャビンでくつろぐ機会が増えそうな気はしない。前のNonaの16年間でもキャビンで飲食をしたのは数える程しか覚えていない。当時はメンバーが6〜7人はいたのに。去年、手をつけなかった理由の一つはミシンだ。家にあったミシンは娘が持って行った。新たに買うことも考えたが、去年は新型コロナの巣ごもりでミシンがよく売れた。そのためちょうど手頃だと思ったモデルは値段が上がり、そしていつの間にか売り切れて、入荷予定なしとなった。撥水加工の生地も候補を絞り込んだが、こちらも中国からの輸入が滞り再入荷の目処がなかった。今週チェックしたら、ミシンも当時より安くなっているし、生地の在庫も戻っているようだ。マット作りは、腰に負担をかけずにできる作業だし、今の時期にやるにはちょうどいい。最も、まともにミシンで何かを作ったことはないので練習が必要だろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント