ナツの目に付いたダニ

我が家のビーグル犬、ナツは5月に13歳になった。身体のあちこちにイボができている。悪性ではないそうで、ナツが(不快で)気にすることがなければ手術で除去することはないというのが、かかりつけの獣医さんの診断だ。目の縁にも小さなイボができていたが、大きくはならないようなので気にしないでいた。由紀が今日見たら急にイボが大きくなっているのに気づい…
コメント:0

続きを読むread more

『松方コレクション展』・『モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』@国立西洋美術館

昨日(14日)は上野へ。10時過ぎに西洋美術館に到着すると当日券の販売窓口は長蛇の列で、40分待ちと。列に並んだ上で、iPhoneから電子チケットを購入。100円のクーポンは使えなくなるが、数分で入場。 夏休み・お盆休みで中も混んでいた。のんびりと好きな角度でじっくり見ることはできないが、動きがとれないほどではなかった。ゴッホ…
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(ティラーカバー取り付け)

先々週の金曜にマストを倒したが、シーブの部品選び、入手に時間がかかり、まだしばらくはファーラー取り付け、マスト立てとはなりそうもない。今日は振替休日で道も混みそうなので、出来上がったティラーカバーの取り付けだけ。ドライブがてら2人で行ったが、9時半ごろすでに林から長井まではかなり渋滞していたので、林から一騎塚に戻り三浦海岸への道を抜けた…
コメント:0

続きを読むread more

斑尾・軽井沢旅行(4):千ヶ滝、軽井沢

31日、戸隠から上信越道経由で4時前に軽井沢のホテルそよかぜに到着。18号から146号に入ってからは近い。146号は浅間・白根・志賀さわやか街道と呼ばれ、軽井沢から白糸の滝や鬼押し出しへ向かう道だ。ホテルはその道路沿いにある。 もとはペンションで始めたそうだが、今はホテルになっている。 ちょっと困ったことはナツの散歩だっ…
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(パルピット磨き、ティラーカバー)

昨日は錆を落とした金具をYBSに届けてから、まずティラーカバーをチェック。セール屋さんに頼めば小ぎれいなものがおそらく¥5,000~¥10,000だろう。サンブレラの生地を買うかセール屋さんに分けてもらって袋状のカバーを作るか誰かに縫ってもらうのも選択肢だ。タイミングよく生地をもらうえればいいが、ちょっと頼んでおいたつては忘れられていた…
コメント:0

続きを読むread more

斑尾・軽井沢旅行(3):戸隠

2日目朝、斑尾タングラムの野尻湖テラスから下りて、野尻湖経由で戸隠へ。戸隠神社奥社参道近くの有料駐車場を過ぎて森林植物園の駐車場へ。森林植物園はペット禁止、さいわい木陰に車はとめられた。熊の注意看板が多数あり、前日も目撃されたと書かれていた。歩いている人も少なく、熊が気になり鍵を振りながら歩いた。 紫陽花がまだそこここに咲いていた…
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(ジブファーラー交換、サビ落とし)

今日は、先週倒したマストの作業の状況チェックとUllman Sailsに先々週、修理を依頼したジブの引取り。ジブは基本的に増し縫いと切れたUVカバーは上にもう1枚被せた。 リーチの一番下はセールクロスが切れていてそこはそのままだったので気になった。原因は擦れではなくUVでこのまま放置しても当分は問題ないとのこと。見た目はよくないが…
コメント:0

続きを読むread more

斑尾・軽井沢旅行(2):斑尾タングラム

29日、1泊目の斑尾タングラムのペンション、カムループスは12年前に泊まっている。当時ナツは1歳だった。建物の外観や部屋についての記憶あるが、食事やオーナー夫婦については何も覚えていない。 これは12年前。ログの色が明るい。 気に入った宿はまた泊まりたいのだが、犬連れでとなるとどこかしら気になるところがあってまた行こうと…
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(ファーラー交換)

昨日はファーラー交換のためにマストを倒した。先週ステーを緩めようと、ターンバックルを回そうとしたが使った丸ヤスリが曲がったので諦めた。昨日もう1度試してみたらどれも苦労せず回った。締める方向に回したのかもしれないが不明だ。昨日は緩める程度、順序があるので山下さんに任せた。 下架後スピンハリヤードでマストを支えてからフォアステーを外…
コメント:0

続きを読むread more

梅干しの天日干し

梅を漬けて1か月半。梅雨が開けなかったし、旅行もあったので今日から天日干し。今までの干し方は、1日目は夕方の取り込んで梅酢に1番戻すやり方だった。面倒だし、出し入れで皮を破きやすい。今日見つけたNHKきょうの料理に出ている梅干しのレシピは、雨が降ったら取り込むが3日3晩外に干す。これは楽なので、今回はこれに従うことにして今日の午後から干…
コメント:0

続きを読むread more

斑尾・軽井沢旅行(1):サンクゼールワイナリー

今週は月火水と2泊3日で信州へ旅行。朝起きがけに20分ほどナツの散歩へ行き、そのまま7時過ぎに出発。環4から1国は比較的空いていた。藤沢バイパスから新湘南バイパスへ入るあたりではいくらか長めの渋滞。新湘南バイパスへ入って落ち着いたところで、持ってきた紅茶とパンとフルーツで朝食。圏央道から中央道にするか一番距離が短い関越かで迷ったが、関越…
コメント:0

続きを読むread more

我が家のナツ、13歳

犬の13歳は70歳弱だそうだ。夏の暑さにはだいぶ弱くなってきている。散歩の途中で座り込んで休憩したがる。早い時は15分もすると、遅い時は30分くらい休憩なしで歩ける。今朝は家を出た時は27度くらいだったが、日差しは強かった。20分くらいは歩いたあとだ。珍しく日陰で座り込んだ。 しばらくしたら、おそらく30秒は経ってからだろう、腹ば…
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiログ#10SH・ファーラー交換準備

7/25(Thu)出港:11:15、帰港:13:15、ログ:6.4miles、晴、視界:~6mile、風Min:S6/Max:S10knot、乗員1名(谷)、エンジン: 0.6h ジブファーラーとステー類の交換のために来週の金曜にマストを倒すことにした。来週の前半は旅行を予定しているので、前日にバタバタするのもいやなので昨日その…
コメント:0

続きを読むread more

『原三渓の美術』@横浜美術館

昨日は横浜美術館で開催中の「原三溪の美術」展へ。もうだいぶ前になるが、三渓園に行った時に三溪記念館を訪れ、彼がどんな人だったかをその時知った。今回の展覧会は4部構成で、「コレクター」、「茶人」、「アーティスト」、「パトロン」に分かれている。収集した美術品やパトロンとして支援した絵画もそうだが、彼自身の書画が興味深かった。白蓮をよく描いた…
コメント:0

続きを読むread more

竹切り・間伐

竹は木と違い寿命が短い。10〜20年だそうで、太いものほど長い。浄明寺の竹は、太いものは直径10cmを超えるが、だいたい7〜8cmだろうか。隣の叔父に言われここ数年この時期に古くなった竹を何本か切ってきた。例年は6月を目安にしていたが、今年は梅雨が長く行きそびれていた。梅雨が明けると暑くなるし、そろそろ片付けねばと気になっていた。今週は…
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(モーターフラッシャー)

購入したモーターフラッシャーは伸縮式だが、船台の上に乗せても10cm弱長さが足りない。10cmの木のブロックを置けばなんとかなりそうだが、水圧でカップが動くことが心配で、しっかりした支えがいるのではと考えた。こういう時は机に向かってあれこれ考えても拉致があかない。昨日は実際にフラッシングをしてみた。位置関係はこんな感じだ。 カップ…
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(ファーラー交換、モータフラッシャー固定)

今週か来週にジブファーラーをPlastimo 609 Sへの交換するが、作業は基本的にYBS依頼する。今ついているファーラーをマストを倒すことなく取り外すことができれば、609 Sもそのまま取り付けできるとマニュアルには書いてある。今回、新艇以来35年余り交換していないと思われるサイドステーとバックステーを交換することにしたので、マスト…
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(エンジンルーム側壁取り付け)

今日、エンジンルームの側壁を取り付けた。”あ、しまった”、という事態を危惧したが、問題なく両側とも取り付けられた。側板を前後で支える板の位置決め、特に後ろ側の受けで苦労した。タッピング2本でネジ止めするのだが、取り付け部のFRPの厚さがわからない。タッピングが突き抜けたらボルトとナットにしようと思っていたが、結構厚く1cmぐらいあったよ…
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(エンジンルーム側壁)

今朝、表側(外側)に5回目のニス塗りをして塗装を終了。薄暗く目立たないところだから塗り進めたが、エポキシ接着剤がはみ出ていた部分はニスが染み込まないので色が薄く、むらになった。写真左にある2個の木片は船尾側の側板の受けで、板を差し込むスリットの奥にがたつき防止と遮音のためにスポンジを貼った。上下にもスポンジを貼る予定だが、側板とハルのど…
コメント:0

続きを読むread more

Corpus Christiレストレーション(エンジンルーム側壁)

今日は、ときどき止むこともあったが、一日中霧雨が続いた。雨でなければ午前中にジョギングを済ませ、あとはのんびりするのだが、午前中は走りに出る気がしなかった。側壁は、隙間をエポキシで埋めたり、サンディングしたり、カンナをかけたりして細かな修正をした。ほとんど目に付くことはないところだが、時間もあるので気になるところは一通り直した。そのあと…
コメント:0

続きを読むread more